ビル新たに法人組織を設立するに際しては、所定の条件をクリアから、必要な書式に沿って作成した複数の書面の提出が必要です。これは会社として経済活動を始めるに際し、その認可を受けるための作業であり、僅かな書類不備も見過ごされず、未経験者が自身で関連知識を収集から臨む場合、費やさざるを得ない時間と労力は小さくありません。更に非常に複雑な書式の数々に加え、受理されてから次の段階までの待期期間など、他に山積する諸作業との同時進行に際し、時に焦りや苛立ちを覚えるケースも見過ごせません。

一昔前と比較した場合、株式会社の看板を公的に掲げるに際し、求められるクリアすべき諸条件こそ大きく緩和されてはいますが、事務手続きの複雑さと要する日数自体は従来と基本的に変わってはいません。スピードが求められる今日の経済社会に於いて、この現状が起業家にとっての大きなネックである事に、異論は無いでしょう。

こうした状況の中、多くの起業家の方々にとって心強い存在と注目を集めているのが、会社設立代行サービスです。複雑な事務手続きを豊富な知識と経験を有する専門家に委ね、自身は開業後速やかに営利目的の自社業務をスタート出来る環境の構築に専念すれば、そのメリットは計り知れません。ここでは会社設立代行サービスを活用しての会社設立をシミュレーションしながら、専門家に複雑な書類作成から提出至る部分を委ねるメリットや、期待されるその他の利点を検証してみたいと思います。